婚活や恋愛の経験談、結婚後の幸せな日常について語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちは飲み物と一緒にお料理も注文しました。
まずは素早く飲み物が出てきて高橋さんと二人で乾杯

高橋さん「仕事のあとの1杯は美味しいですよね

すみれ 「うんうん、今日も頑張ったわ。お疲れ様って感じですね

それからお料理が来るまでの数分の間、雑談をします。

一週間働いた疲れと千葉まで来た移動の疲れとノドの乾きもあって、
私はお料理が来る前にアルコールを1杯飲み干してしまいました。

ちなみに、すみれはお酒が弱い方です。。
2杯飲むと軽く目が回ってきます

店内の室温が高いのか、自分の体が熱いのかよく分からないけど、
少しだけほっぺがポワーッとしてきたような気が・・・

すみれ 「高橋さん、いま暑くありませんか?」

高橋さん「いや全然あれ?桜さん
     すでに顔が赤いけど大丈夫ですか?」

すみれ 「へっ!?もう赤くなってますか!!??

こっ、これは・・・マズイ
やっぱり自分一人が暑く感じるだけなのね
不覚にもさっそく酔い始めてしまった。
早くお料理を食べてアルコールと中和させないとーっ(謎)

ほんとバカだなぁ、私
お酒が弱いクセに最初から飛ばし過ぎた

今日は慣れた帰り道ではないし、
気をしっかり張って電車に乗らないと乗り間違えや
自宅最寄り駅を降りそびれてしまいそう。
あ~!私のバカバカバカ・・・
万が一気持ち悪くなったりでもしたらどうするのおぉぉ

と、一人心の中で騒いでいるうちに
先ほど注文したお料理が続々と運ばれてきたので、
高橋さんと自分のお皿に何品か取り分けて、
2杯目のアルコールと一緒に楽しくお食事をしました
(2杯目は超スローペースで

高橋さんとはまだ知り合って間もないけれど、
特に会話が途切れることも沈黙で気まずくなることもなく、
昔からの知り合いかのように気兼ねなく会話できます

うーん、これって“フィーリングが合う”というのかしら。
ただ、どうやったらこの関係から恋愛に発展するのだろう。。

この間までは高橋さんはお金に細かそうだから
彼氏候補から外していたけれど、
でも時間を掛けて彼の良いところも探してみないと
結果的に良いご縁を見逃してしまう事になるのかな?

昨日までは・・・高橋さんとは
今後恋愛対象ではなくただのお友達としてお付き合いを続け、
彼の職場の人やお友達を紹介してもらって
男性との交友関係を広げていこうヒッヒッヒッ
と密かに企んでいたすみれでした

しかし、こんなふうに居心地の良い男性はそう簡単には見つからない
と思い直し、もう一度高橋さんを彼氏候補として
あと何回かはデートをしてみようという気になりました。


読み終わりましたらポチッと
↓押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

本サイト内の文章や画像など、すべての無断使用及び無断転載はご遠慮ください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。